第17回 話力検定 実施要項

試験日程 2021年1月31日(日)
試験時間
説明開始 試験開始 試験終了 試験時間
筆記試験 13:00 13:15 14:15 60分
実技試験 14:30 14:45 各級による

※試験終了時刻から20分後が退室予定時刻となります。

申込期間

2020年11月1日(火)~2021年1月15日(金)<締切厳守>

受検料の振り込みまでが申込手続きとなります。

試験範囲
協会監修の検定公式テキストより出題。
※1級試験には一部、2級・3級範囲も出題されます

※2級試験には一部、3級範囲も出題されます。

受検地

福岡・各協会認定校・オンライン会場

受検資格 年齢・性別を問わず、どなたでも受験できます。 ※1・2・3級併願受験もできます。
受検形式 筆記(50問)/ 実技 各級のテーマ
1級セミナー 『際立つ自己紹介するためには』(7分)
2級プレゼンテーション 『話力検定に合格するために』(5分)
3級スピーチ 『自己紹介』(3分)
受検時間 筆記 60分 / 実技 3級 3分 2級 5分 1級 7分
合格基準 筆記試験 1級、2級、3級  80点以上
実技試験 1級、2級 80点以上  3級 50点以上
受検料 1級 15,400円(税込)
2級  9,900円(税込)
3級  7,700円(税込)
※併願受験可能
※お支払い方法は銀行振込となります。
受検票発送 受験日のおよそ1週間前までに送付いたします。
受検票未着
お問い合わせ期間
2021年1月25日(月)~1月28日(木)
結果通知発送
2021年2月下旬予定
※合格者には合格証書を発行し、お送りいたします。
申し込み時 注意事項 ・お申し込み前に受検要綱をお読みください。
・お身体の不自由な方など、受験の際に会場や試験方法に配慮が必要な場合は、必ず申し込み時にお申し出ください。
・お申し込み後の受験級や受験会場の変更、取り消し、受験料の返金および次回への振替は一切できませんのでご注意ください。
受検に関しての
注意事項
・試験に関するご質問は一切お受けしません。
・受付は行いませんので、会場で着席位置を必ず確認して下さい。
・試験に必要な物 受験票、本人確認書類(顔写真付き)、鉛筆またはシャープペンシル(ボールペン不可)、消しゴムはすべて各自で
持参して下さい。
・アップルウォッチなどのスマートウォッチの使用は不可となります。
・不正行為を行った場合は失格となります。
・試験会場では試験官の指示に従って下さい。
・検定試験会場において、感染症に感染された方が確認された場合、
法令に基づき受願者の個人情報(連絡先など)を保健所など公的機関に提供する必要が生じますので、あらかじめご了承願います。

試験当日について

●当日の持ち物

  • 1. 受検票
  • 2. 本人確認書類(顔写真付き)
  • 3. 筆記用具
    ※鉛筆またはシャープペンシル(ボールペン不可)、消しゴム
  • 4. 腕時計
    ※スマートウォッチ不可(アップルウォッチなど)
    ※必須ではありませんが、試験会場に時計が無い場合もございますので、お持ち頂くことを推奨します。
【本人確認書類について】

本人確認書類として、下記いずれかの証明書での本人確認が必要となります。
運転免許証/学生証(写真付き)/社員証(写真付き)/
クレジットカード(写真付き)/パスポート/マイナンバーカード(写真付き)
その他公的機関の発行する写真付き証明書

試験範囲

1級

1級は話力の応用にあたり、話力を味方にしてプロになるための単元です。
実技試験のセミナーでは、話力検定の内容をきちんと理解し他の受検者に伝えることができるかを確認します。

テキスト 応用編
3.セミナー講演
接続詞
4.インタビュー力
5.司会
鼻濁音
無音化
司会進行表
ラジオ進行表
6.敬語
付録
接続詞一覧表
慣用句一覧表
ナレーション原稿
朗読
および2,3級範囲

2級

2級は、話力の基本にあたります。
社会活動の中でも特に仕事をする上で必要なスキルで伝達、傾聴を中心に具体的な方法を学びます。

テキスト 応用編
2.プレゼンテーション
階層図
展開
6.敬語
付録
接続詞一覧表
慣用句一覧表
ナレーション原稿
朗読
テキスト 基礎編
5. 敬語
1. 敬語のつかい方
2. つかえる敬語
3. マジック・フレーズ
4. さ入れ言葉
5. ら抜き・さ入れ・れ入れ言葉
6. 話し方のクセ
1. 自分では気付かないクセ
2. 手抜き言葉に気を付ける
7. ホウ・レン・ソウ(報告・連絡・相談
8. 話し方・聞き方
1. 相手の立場になり、気持ちをつかむ話し方
2. 否定よりも肯定すること
3. スピーチ
4. プレゼンテーション
5. 使える四大ビジネスシーン練習問題
付録
発声の基本
発声練習・素読
北原白秋の「五十音」
発声練習①
発声練習②
発声練習③
敬語 一覧表
接続詞 一覧表および3級範囲

3級

3級は話力検定の中では基礎にあたります。
コミュニケーションの窓口である挨拶と実技試験の挨拶代わりの自己紹介が習得できるようになっています。

1. 声づくり
1. 腹式呼吸と胸式呼吸
2. 自己表現
1. 自己紹介
2. 初対面トーク
3. 聞く力
4. 説明力
1. 文章構成
2. 階層図
3. 説明のテクニック
付録
発声の基本
発声練習・素読
北原白秋の「五十音」
発声練習①
発声練習②
発声練習③
敬語 一覧表
接続詞 一覧表

※日程が合わない方は認定校で別日に受験できます。(講座受講が必須となります)

検定公式テキストのご案内

●公式テキスト
基礎編 冊子:3,300円(税込)     PDFデータ:2,200円(税込)

応用編 冊子:4,400円(税込)     PDFデータ:3,300円(税込)

テキストに関する詳細はこちら

新型コロナウイルス感染症対策へのご協力のお願い

第17回話力検定(2021年1月31日開催)は、実施に向けて準備を進めておりますが、今後の新型コロナウイルス感染症を巡る状況の変化により全地域または一部の地域で中止となる可能性もあります。あらかじめご了承のうえ、受験のお申し込みをしていただきますようお願いいたします。
また、感染拡大防止のため、以下の対応にご協力をお願いいたします。

■試験当日の体調および体温の確認 試験当日は、試験会場へ来場する前に各自で検温を行い、37.5度未満であることを確認してください。
当日、試験会場にて検温を行います。37.5度以上の発熱がある場合は、ご帰宅いただくことがございます。

以下の方は受験を自粛してください
・発熱、咳などの風邪症状のある方
・基礎疾患等があり受験を憂慮する方
・2週間以内に咳や発熱などの症状があった方
・2週間以内に新型コロナウィルス感染者の濃厚接触者とされた方
※上記理由により試験を欠席された場合、受験料の返金や振替等の措置はありません。
※激しい咳や発熱などの症状のある方は、受験をご遠慮いただく場合があります。

■マスクの持参及び試験会場内でのマスクの着用厳守 試験会場では必ずマスクの着用をお願いします。
試験中もマスクの着用をお願いします。ただし、本人確認のための写真照合時等、試験監督員の指示があったときは一旦取り外してください。
※マスクの着用のない方は、受験をご遠慮いただく場合があります。

■会場の換気・当日の服装について 適宜(試験時間中を含む)、試験会場の窓・扉等を開放し、換気を行うことがあります。室温の変化に対応できる服装で来場してください。

■水分補給(ペットボトルの持込み)について 通常、試験時間中の飲食は禁止ですが、マスクの着用・会場の換気等の影響による熱中症等の予防を目的にペットボトル飲料(炭酸飲料不可・中身の見えるもの)の持込みを認めます。ペットボトルのラベルは事前にはがしておいてください。

■感染症法等に基づく情報提供について 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律等に基づき、行政機関等から情報提供の要請があった場合、行政機関等に個人情報を提供することがあります。

※試験当日まで、感染症対策の基本である「手洗い」や「マスクの着用を含む咳エチケット」を行う等、体調管理に努めてください。

●参考資料:感染症対策(「手洗い」「マスクの着用を含む咳エチケット」)(厚生労働省)