団体受検(講座付き1日集中受検の場合)

内容

話力検定対策講座
実技試験
筆記試験(60分)
※対策講座は合格をお約束するものではありません。
※事前のテキスト学習が必要です。
※受検結果は2週間後になります。

詳細

話力検定対策講座

筆記試験の重要ポイント・実技試験の練習
1級 3時間 一人 40,000円(受験料、テキスト代込)
2級 2時間 一人 31,000円(受験料、テキスト代込)
3級 2時間 一人 17,000円(受験料、テキスト代込)
※受講料は人数によって団体割引が変わります。担当者にお尋ねください。

実技試験

1級 セミナー(7分) 『際立つ自己紹介するためには』
2級 プレゼンテーション(5分) 『話力検定に合格するために』
3級 スピーチ(3分) 『自己紹介』
※会場で録画を行います。

筆記試験

50問 60分
※団体受検は併願受検できません

会場

法人会員様の社内、学内などが基本です。
広い場所がない場合はこちらで会場手配も可能です。(有料オプション)
遠方の方向けにオンライン受検もご準備しています。

お申し込み

https://forms.gle/DtvaKi8THCYawAn1A

団体受検の導入例

面接に営業に接客に喜びの声続出

社内必須資格として話力検定を導入

社員全員に当たり前のスキルとして話力検定の受検を必須にしています。基本スキルの習得を協会にお任せできるので、社内では実務に専念できて効率があがっています。当社では年間を通して受講と受検を自由にできるようにすることで、繁忙期を避けたり、同じ部署から人員が一気に欠けたりすることなく毎年一定のスキルアップを図れています。今後は社内の1級合格者から講師を育てて社内で研修から受験まで完結できるようにして育成コストも削減していく予定です。

キャリア講座の中で希望生徒が受検

団体受検は学内のいつもの環境で受検するため実技試験もあまり緊張せずに受験できました。対策講座で筆記試験のポイントと実技試験の練習を押さえたあとの受検で記憶も新しかったせいか思いの外スムーズに合格できた気がします。就活面接を控えた直前の受検でしたが、もう少し早く受検して履歴書に記載しておきたかったです。

新しい研修の形として団体受検を導入

試験的に団体受検を導入してみました。今までのセミナー型の研修と違い、個人に取得資格としてスキルが残るということで、社員の取り組む姿勢が違いました。同じ教育費として計上するなら、社員個人にも恩恵のある対策講座込みの団体受検はなかなかいいスタイルだと感じています。

企業内や各種学校に認定講師を育成し認定校登録をすることで、話力に関する各種研修と話力検定の実施を一番いいタイミングで行え内部で話力のスキルアップを完結させることができます。

認定講師
認定講師
効率よくポイントを学びながら、すぐに実践できる話力を身につけることができます。慣れた環境で受検できるので合格率も高いです。
団体受検