受検を考えている人
受検を考えている人
話力検定は実技と筆記の2種類。
オンラインで行うとすると
どのような流れで進むのでしょうか?
オンライン上での筆記と実技の試験の流れに
関する質問は、これまでにも寄せられています。
当日の流れをご紹介しますね。
日本話し方協会
日本話し方協会

 

 

第19回話力検定実施日

2021年11月28日(日曜日)

話力検定の時間

■筆記試験:11月28日午前中(試験開始時間は受験票に記載されます)

■実技試験:11月28日午後
3級:スピーチ3分  
2級:プレゼン5分  
1級:セミナー7分  

試験の開始時間が書かれたメールが、受検日の1週間前に届きます。
実技試験は、受験する級によって実技試験のスピーチの時間が変わってきます。
メールにて個別にご連絡しますので、ご確認ください。

当日の流れ

◆本人確認や試験問題が添付されたメールが届く
メールが届く時間:受験票に記載します。

◆メールを開くと本人確認の記入や、その後の進み方が記載されています。
メールの指示に従って進めていってください。
テスト開始時間:試験開始時間から40分間

■受検当日の詳しい内容はこちらをご覧下さい。

注意事項

①不具合などのお問い合わせは日本話し方協会事務局へご連絡ください。(092-600-0185)
②試験開始時間までに受検者本人確認のURLを開いてフォームへ入力し送信してください。
③本人確認を送信後、試験開始時間になったら各級試験問題のURLから問題を開き解答してください。
④解答の時間は40分です。必ず制限時間内にフォームへ入力した解答を送信してください。
⑤本人確認の記入が完了しないと問題が開けません。
⑥送付したURLが万が一開けない場合は、ウェブサイト検索に送付したURLをコピーして貼り付け、開いてください。
⑦本人確認フォームには添付されているパスワード(3桁)も必ず入力してください。

【筆記】

メールが届く→
◆1つ目のメールを開く→本人確認→記入後送信
◆2つ目のメールを開く→試験問題が開く→試験開始→全て答え終わったら送信

【実技】

◆1週間前に届いた受験票に実技の試験の時間が記載されている→実技の時間になったらZOOMで受検(2級・3級)→終了

*1級実技試験は対面で行います。会場と試験開始時間を個別にお知らせします。

日本話し方協会からのメールに従ってご受検いただければ、スムーズに進まれると思いますが、パソコン操作など心配な方は、前もってご連絡いただければ対応させていただきます。

結果発表

11月28日の受検から約2週間で申込みの住所へ送付いたします。
合格者には合格証書と通知を、残念ながら合格できなかった方には通知のみを送付いたします。

■受検当日の詳しい内容はこちら

■話力検定試験の申し込みはこちら