日本話し方協会理事長からみなさんへの応援メッセージ

みなさん、こんにちは。

理事長の渡邉由規(わたなべ ゆき)です。

「どうして学校では話し方、伝え方を教えてくれないの?」

就活面接に向かう途中、泣きそうな顔でやってきた大学生の表情が今でも忘れられません。

子供の卒業式の父兄代表挨拶に。婚活パーティでの会話に。

商談でお客様に嫌われないように。ドクターの教授選に勝つために。

セミナー講師として活躍したい。

父兄との会話をスムーズにしたい小学校教師・・

他にもまだまだ「話力があれば」と真剣に悩んでいる一人ひとりの顔が浮かんできます。

話力を学んでそのスキルが手に入り、巣立っていく受講生の自信にあふれた顔もまた忘れられません。

お給料が増えた結婚できた人前が楽しくなった周りから評価されてきた

その報告を聞くことが私の宝物となってきました。

「話力検定」を進めるのも、そんな自信にあふれる皆さんを増やしたいからです。

伝えることで悩まなくて良いように。

人間関係で立ち止まらなくて良いように。

コミュニケーションや伝えることを、苦手と諦めている人がいるなら

「それは違うよ!大丈夫よ!やり方があるよ!」と伝えたい。

話力は能力ではなく、スキルです!

学ぶことで、そのことを感じてほしいと願っています。

皆さんの人生が潤いと豊かさで包まれますように。

日本話し方協会理事長 渡邉由規(わたなべ ゆき)

次回の話力検定は 2022年3月27日(日)開催。

★お申し込み、詳細はこちらをご覧下さい。