認定講師になるために

・講師資格は3級+2級+1級、すべての合格が必要です。講師講座を受講しながら話力検定の受験(2級、3級、1級)も可能です。

・講師講座を受講後、修了テストを受験して合格していただきます。

 

 

講師養成講座

講座開催日:話力検定修了後、2021年12月、2022年4月頃(予定)

受講時間:2時間×6回

受講形式:対面、オンライン共に可能

ただいま受講者募集中です。詳細はお問い合わせください。

 

 

認定校を開業すると、協会からのバックアップが受けられます。

日本話し方協会認定講師として認定校を開業すると協会からのバックアップを受けることができます。

初めての開業も安心できる環境が整っています。

以下のようなサポートを受けることができます。

1、話力検定に関する活動の集客をサポート

2、受講希望者の紹介

3、企業研修・セミナーなどの紹介

4、講師向けスキルアップセミナーの開催

5、定期ミーティングでのフォローアップ

 

 

独立開業へのバックアップ

テキスト・ポスター・チラシ・名刺などの提供(有料)

はじめての教室運営で不安な方向けスタートアップフォロー(有料)

開校場所の相談

資金の相談

HP・SNS運営

教室運営のノウハウの教授

 

認定校の役割

認定校は、話力検定の会場の一つとして実施していただきます。

話力検定対策講座、団体向け話力検定講習と検定の実施、

認定校についてのみ独自の日程で話力検定の開催が可能です。(事前申請が必要)

認定校対抗スピーチコンテストなどのイベントに参加していただきます。