話力検定[わりょけん]の公式HP|日本話し方協会

話力検定とは

日本話し方協会が主催する話力検定は、学生や社会人の人材価値を高めることを目的とし、話し方の幅広い技能や知識を総合的に相対評価する検定です。

 

その場に相応しい適切な言葉を選択するスキルと、的確な話し方ができるスキルを

客観的に評価する社会的な基準と位置づけ、コミュニケーション能力の定量評価としています。

 

漢字が読める10歳くらいの学生から社会人、日本で働く外国人も対象にしたプログラムとなっており、自身の話力のレベルの確認はもとより、対外的に強いアピールポイントとなります。

企業においては、社員評価としても利用できます。

 

話力検定は、ひとりひとりの生き抜く力と生きる喜びを得て社会生活をより豊かにするために、個々の想いと企業の想いをつなぐ架け橋となることを願って誕生しました。

 

 

 

最新記事

日本話し方協会の新刊!「話力検定」の新しい書籍発売です!

新しい書籍の特徴 人とコミュニケーションを取るときに、伝える側の表現1つで相手の受け取り方が大きく変わると思いませんか? 特に仕事上では重要味が帯びてきます。 実は話す力は生まれながらに備わった能力でなく、学んで練習することで上手くなる人間スキルなんです。1日10分‼️あなたの最も身近な「話す力」を

第18回話力検定について。よくある質問とそれに対する回答をご紹介します。

2021年8月8日は、第18回話力検定が行われます。 ここでもう一度話力検定についてよくある質問についてご紹介してみたいと思います。 日本話し方協会が主催する話力検定は、その場にふさわしい適切な言葉を選択するスキルと、的確な話し方ができるスキルを客観的に評価する社会的な基準として位置付け、コミュニケ

日本話し方協会が一般社団法人として設立いたしました

ついにこの日が! 6月7日に、日本話し方協会は「一般社団法人日本話し方協会」となりました。 一般社団法人という法人組織なることで、さらに活動の幅を広げることができます。 設立を記念して、日本話し方協会の理事にインタビューしてきました。 話力検定を通してどんな未来を創っていきたいですか? 話力は人を救

協賛/サポート企業